ソンバーユ 無香料 70ml

新品価格¥1,279から
(2010/6/25 13:31時点)





「長野県」

定額山 善光寺
善光寺(ぜんこうじ)は、長野県長野市元善町にある無宗派の単立寺院である。
山号は「定額山」(じょうがくさん)。

山内にある天台宗の「大勧進」と25院、浄土宗の「大本願」と14坊によって護持・運営されている。
「大勧進」の住職は「貫主」と呼ばれ、天台宗の名刹から推挙された僧侶が務めている。「

善光寺は日本最古のみ仏を祀る寺として、日本を代表する霊場であり、
皇極天皇3年(644)勅願によって建立され、その歴史は1400年を経て今日に至っております。
 ご本尊「一光三尊阿弥陀如来」
(中尊の阿弥陀如来と、脇侍の観音菩薩・勢至菩薩が一つの光背の中に立たれるお姿)は、
インド、朝鮮半島百済国を経て、欽明天皇13年(552)日本に渡られ、
三国伝来の仏さまと呼ばれ、この仏さまを信州の地にご安置された方が開山、本田善光公。
この名を取って善光寺さんと親しまれ、
現在も現世の安穏と極楽往生を約束して下さる仏さまとして広く深い信仰をあつめております。

本坊大勧進
勧進とは人々に仏法を説き作善をなすように勧誘策進することであり、
この名を寺名にした大勧進は、開山、本田善光公以来、代々善光寺如来さまにお奉えし、
民衆の教化と寺院の維持管理にあたってまいりました。 
弘仁8年伝教大師が信濃路巡化のみぎり、善光寺に参籠され、爾来、天台の宗風により今日に至っております。 
大勧進は天台宗大本山で善光寺25ヶ院の本坊として、住職は善光寺の住職も兼ねております。

善光寺HPより



山門


大勧進

 
大勧進の御朱印


釈迦堂(お釈迦様の涅槃像が祀られている)
この、正面に焼失前の善光寺があったという。
実際、極楽通りの正面には阿弥陀様の像が祀られている。


釈迦堂の御朱印


仁王門


本堂


本堂の御朱印


大本願の御朱印

善光寺さんでは5ヶ所の御朱印を頂きましたv(^^
下社 春宮



秋宮から車で数分の所にある
諏訪大社の中では比較的参拝者が少ない様な感じがする、静かな境内である。

すぐ近くに、「万治の石仏」という、かわった石仏がある。
結構、ユニークな感じがなかなか面白い風情、岡本太郎も絶賛ということで、かなり有名らしい。
下社 秋宮



本宮とは諏訪湖をはさんだ対岸にあり、車で20分位。
パワースポットとして雑誌でも紹介された本社は本宮の次に大きい神社である。
神職や巫女さんもいてかなり大きな神社。
境内には三葉白松があり落ち葉を拾って財布に入れておくと金運、恋愛運、などに効果があるという。
上社 前宮




本宮の東約2キロ、中央線茅野駅から車で約5分の所に鎮座します。
自分的には、一番趣を感じる神社
前宮御本殿は内御玉殿から200m程上段で、古くは神殿に附属したお社でした。
高台で豊富な水や日照が得られる良き地で、御祭神が最初に居を構えられ、諏訪信仰発祥の地と伝えられています。
現在の社殿は昭和七年伊勢の神宮の御用材を以て建られたものです。
信濃國一之宮 諏訪大社 上社本宮



諏訪ICから車で15分位の所に鎮座する。
我国最古の神社の一つであり、信濃國の国造りをなされたのち、
日本国土の守護神としてこの地にお鎮りになり、
信濃國一之宮として皇室部門および一般の信仰が厚く、全国一万有余の諏訪神社の総本社です。
戸隠神社 奥社




奥社(おくしゃ):祭神は天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)で、天照大神が隠れた天岩戸をこじ開けた大力の神。
祭神天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)由緒・ご神徳日本神話にある、天照大神が天の岩屋にお隠れになった時、
無双の神力をもって、天の岩戸をお開きになった天手力雄命を戸隠山の麓に奉斎した事に始まります。
戸隠神社の御本社として全国に開運、心願成就、五穀豊熟などの御神徳が広宣され多くの崇敬者が登拝されます。
参道は約半里(2キロ)、中程には萱葺きの赤い随神門があり、その先は天然記念物にも指定されている樹齢約400年を超える杉並木が続いています。
中社から車で2.5kmほど車道を登った後、まっすぐ続く約2km(これが結構きつい)の参道(車両進入禁止)を登りきった場所にある。
戸隠神社 宝光社




康平元年(1058年)、天暦3年(949年)に奥社の相殿として創建されたものである。
祭神は天表春命(あめのうわはるのみこと)で、中社の祭神である天八意思兼命の子。
学問や技芸、裁縫、安産や婦女子の神とされる。
祭神天表春命(あめのうわはるのみこと)
由緒・ご神徳杉の古木の中、270余段の石段を登ると神仏習合時代の面影を残す荘厳な社殿があり、その荘厳さは多くの信者の尊信を集めています。
祭神は中社祭神の御子神様で、開拓学問技芸裁縫の神・安産の神・婦女子の神・子供の神として御神徳があります
神仏習合時代の名残である神社では珍しい「像」の彫り物が残っている
全国での珍しいと宮司さんの話でした。
戸隠神社 中社




寛治元年(1087年)、宝光社と同時期に奥社の相殿として創建された。
現在の祭神は天八意思兼命(あめのやごころおもいかねのみこと)で、
天照大神が天岩戸に隠れたとき岩戸神楽(太々神楽)を創案し、岩戸を開くきっかけを作ったとされる神。知恵の神ともされる。
祭神天八意思兼命(あめのやごころおもいかねのみこと)由緒・ご神徳素戔嗚尊の度重なる非行に天照大神が天岩戸にお隠れになった時、岩戸神楽(太々神楽)を創案し、岩戸を開くきっかけを作ったという神です。学業成就・商売繁盛・開運・家内安全に御神徳があります。
社殿天井には平成15年に復元された狩野派の天才絵師、河鍋暁斎によって描かれた「龍の天井絵」があります。
また、境内には樹齢700年を超えるご神木、樹齢800年を超える三本杉があり、戸隠神社の社務所が置かれています。



トップへ
戻る