「青森県」

津軽国一宮「岩木山神社」
青森県弘前市(旧岩木町)にある。
岩木山(1625m)の南東麓に鎮座。

境内入口が広く、駐車場になってる感じ鳥居から見ると、正面に岩木山山頂が見える。

岩木山を目指すように、まっすぐ参道を進むと朱の楼門。

楼門内正面に中門があり、垣の中に拝殿。
拝殿後方に奥門があり、見事な本殿が鎮座している。
とにかく、鳥居から岩木山方向へ、まっすぐに延びた境内なのだ。

岩木山は津軽地方の何処からでも見ることができる孤立山で、津軽一帯の信仰の対象。
毎年七月には、「お山参詣」といわれる例大祭が行われ、多くの人々が、深夜に山頂登拝し、御来光を拝む。

山頂には、岩木山・鳥海山・厳鬼山の3つの峰が「山」の字を形成している。
中央の岩木山山頂には、当社の奥宮が鎮座している。
頂上までの道のりは4kmという事で残念ながら今回の旅では登頂出来ず(^^; 

かの有名な坂上田村麻呂が再建した神社としても有名です。(西暦800年)

御祭神
顯國魂神 多都比姫神 大山祇神 坂上刈田麿 宇賀能賣神


岩木山神社の御朱印
参道の途中に御朱印所があり、行きながら預けて行くと参拝が終わって帰ってくるときには頂けます。


お岩木山の麓にたたずむ津軽国一宮「岩木山神社」の入り口。
ここの石畳をまっすぐに上っていきます。


参道途中の鳥居,奥に見えるのが楼門


楼門。ひなびた朱色がいい雰囲気ですごい存在感があった。


途中で休憩をとる人もいた。
途中の土産屋さんの中から津軽三味線の音色が聞こえてきた。
何とも、津軽に来た感じがとてもよかった。


拝殿、写真の両側に少し写っているのが中門


この日は、ちょうど結婚式が行われていた。
縁結びのパワースポットって言われているだけあって人気があるそうです。


一番奥にある杉木立の中にあるパワーを感じる本殿。



戻る